リセット住宅 面影を残しつつ、快適な暮らしを提案する。リセット住宅は今ある家をいったん骨組みの状態に戻し、天然木無垢材を使用したリフォームで「断熱・耐震・通気」といった性能を新築以上に備えさせます。

リセット住宅

リフォームで大切なのは
間取りの「提案力」。

お客様がこうしたいと語るより、
悩みを伝えるだけで、解決策が生まれる。
それが夢ハウスの「提案力」。

住みづらい、とにかく寒い、水廻りが傷んできた…。
見学会に足を運ばれる方の悩みは人それぞれです。
お話をうかがい、お宅を拝見すると、
「何をどうすればいいか」「どこまで手をつけるべきか」が見えてきます。

問題点を一つひとつ解決して、
時には潜んでいる根本的な原因を見つけ出して対処し、
以前よりも住宅の性能を上げて、長持ちする家をつくる。
それが、私たちの「リセット住宅」です。

大切なのは「提案力」です。
全体を見て、予算とのバランスも考慮しながら、
必要十分なリフォームを行う。
それぞれの悩み、希望に応えて、住む人一人ひとりを満足に導く。
そんな私たちの「提案力」を、
実際に施工した5タイプの実例でご覧ください。

夢ハウスの「提案力」 01
明るい光と風通し

見附市 I様邸

□築年数:
37年
□家族構成:
父・母・子2人

建具だらけ、
間仕切りだらけ。

築37年、当時の一般的な間取りは続き間を建具で仕切った“田の字型”。家の半分にしか光が届かず、昼でも照明が必要だった。

床・柱・梁の構造補強が実現した一体感のある大空間LDK。

家族みんなが集まるLDKを、明るい光をふんだんに取り入れた大空間LDKに。
部屋毎に必要だった冷暖房も、家中がエアコン1台・薪ストーブ1台で1年中快適&省エネ。

奥様も安心、
家族に目が届く
キッチン。

お料理をしていても家族の様子が伺える、お洗濯も同時進行できる。家事スペースの動線に配慮して、一体感のあるキッチンに。

家事が楽しくなる
水まわり動線に。

冷暖房の届かない位置にあったトイレ・洗面・脱衣所は冬は屋外と同じ温度!LDKのすぐ隣に集約して、水仕事が楽しくなる間取りに変更。

まるで別宅!?
孤島状態だった和室。

居間とは廊下を隔てた位置にあった和室は全く光の届かない孤島状態だったが、位置も大きさもそのままに、LDKを見通せるくつろぎスペースに。

夢ハウスの「提案力」 02
老後を見据えて

新潟市北区 T様邸

□築年数:
30年
□家族構成:
父・母・娘

小さな段差が
大きな障害。

年齢とともに小さな段差でもつまずきやすくなり、万が一の車いす生活にも不安が。いずれ訪れる老後、もし体が不自由になっても自宅で過ごせる様細部にこだわったリフォーム。

1階の床面を全てバリアフリーに。洗面・トイレも段差なし!

小さな段差も建具も排除し、和室・LDK・水廻りまで全ての床面をフラットに。
老後だけでなく足腰の不具合でも安心の住まいに。

急勾配の階段、
上り下りが
こたえるように。

特に下りるときに怖さのあった階段を、緩やかな角度で滑りずらい無垢材の階段に。手すりを設置して安心して上り下りできるように。

トイレとの距離は
包み隠せない
最重要課題

体調が悪い時に、廊下の奥にあったトイレの遠さがつらかった経験から、要介護になっても良い様、トイレや水廻り直結の寝室に。

車いすでも
自由に動ける
空間にしたい。

廊下の幅、カウンターの高さなど思わぬところが障害になる車いすの生活。タオルかけや収納の位置にもこだわりが。

施工事例

我が家のリセット。

新潟県長岡市 D様邸|ご夫婦+お子様1人

“ビフォーアフター”のようなパートナーに出会いたい。

土地と環境が気に入り、中古住宅を購入したD様。リフォーム会社をいくつかまわってみたが、なかなか話しが前に進まなかった。「リフォーム前の家の図面を持って行ったのですが、それだけでは分かりません、と。確かにそうなんですが、どこも積極的な対応ではなかったんです。」
初めての家づくり、イメージはあっても具体的にどうしたら良いか悩んでいた頃出会ったのが夢ハウス。「最初にお会いしたスタッフの方が、面白そうだと言ってくれたんです。」テレビで見た”ビフォーアフター”のような、自分たちにピッタリの住まいを叶えてくれるパートナーに出会えた気がしたという。こだわりは、仕事柄書物が多い為すっきりとたくさん収納できる書庫。ガレージだった部分を改修して、かつては収まりきれず床に積んでいた書物を全部納めてもまだ余裕があり、書斎にもなっている。
「小さな娘さんが近所の人たちとふれ合って育てるように」選んだこの土地で、D様の夢はスタートした。

TOP