このページはビジネスパートナー様向けのページです。一般のお客様はこちら

夢ハウス・ロゴ
無垢材の一戸建て新築・リフォームなら夢ハウス

この2年間で160社が加盟した理由

0254-21-5511

お問い合わせ・資料請求

取扱商品
サービス&サポート
BP店の魅力は何か
成功事例紹介
夢ハウス ビジネスパートナーの実態。

知られざる夢ハウスビジネスパートナーを徹底解剖!

新建ハウジングプラスワン2011年10月号に掲載されたものです

夢ハウスビジネスパートナーとは?

地元・新潟で実績を重ね、無垢材にこだわる家づくりを全国の住まい手に伝えたいとの思いからボランタリーチェーン:夢ハウスビジネスパートナー(以下BP)システムを展開している(株)夢ハウス(本社:新潟県北蒲原郡聖籠町)。ボランタリーチェーン発足から15年、加盟店は現在約300社を数え、「夢ハウス」ブランドは業界内でも着実に浸透を深めている。そのBPが、直近の2年間で新たに160社の加盟を成し遂げたという。苦戦を強いられる今、なぜそこまでの成長を見せたのか?夢ハウスBPの魅力に迫った。

夢ハウス赤塚社長に直撃取材! (株)夢ハウス 代表取締役 赤塚幹夫

  • 赤塚幹夫 写真
  • 郷の家展示場
  • 自由設計展示場
  • 自由設計展示場

  • どこにもない組織・ノウハウ
  • 夢ハウスは単なるボランタリーチェーンの運営本部ではなく、自ら地場の工務店として家づくりに取り組み、大きな支持を得ている。その家づくりは徹底的な天然無垢材へのこだわり。独自ルートで世界の優れた無垢材を安定的に調達・供給。木材乾燥は特許技術の自社開発の乾燥機を使う。全製造工程を自社で行うので天然無垢材でありながら低コスト、その上歪みのない品質となれば、一般工務店で扱うのは難しい。さらにオリジナルの建具、住設機器も驚異の価格で調達。構造は軸組にパネル工法の要素を加えた強靭さ。価格競争する必要がなく、顧客満足度も高い。

  • 現場大工から社長業への転機
  • 赤塚社長は商業高校卒業後、大工修行を経て26歳で独立。順調に受注を増やしていったが、これからという時、「椎間板ヘルニア」を煩い、一年もの歳月自宅の天井を仰ぐ生活を送った。その後、現場大工をあきらめて経営者としての道を選ぶことになる。

  • 営業のできない自分。
  • 社長業とは言ったものの、所詮田舎の大工。営業の基本である挨拶・マナーから、仕事をとるための手法など当然の事ながら持ち合わせていない。見学会を開くが、部下からは「挨拶も説明もできないなら、玄関で靴でもならべててください!」と言われる始末。その悔しさから挨拶ひとつでも、ひとり練習したという。

  • 説得力=造り手が語る事。
  • 赤塚社長は営業できない自分に強いコンプレックスを感じていた。しかしそれを乗り越え、経営者としての成功をおさめた自身の経験をセミナーでは、全国の工務店たちに語りかける。

    「現場を知るものづくりのプロが語ることは、どんなに優秀なハウスメーカーの営業トークよりも説得力があるはず。営業がいなくても現場さえ知っていれば、売れる仕組みがここにはある。もし自社に営業マンがいるのであれば現場を覚えさせなさい。自分で汗水流し、知恵を絞って作り上げたことがある人に、お客様は感動し信頼してくれる。その為にも良いものを一緒につくりましょう。」

    今まさに、一営業マンの力だけでは売れない時代だからこそ、工務店同士の絆を深め、ものづくりでの生き残りにかけている。

  • 巨大地震・大雨浸水・軟弱地盤・厳冬豪雪・熱中猛暑
  • 今日、全国的に異常な現象や出来事が耐えない。3月11日に起きた東北大震災。地盤の液状化現象。記録的な豪雪に各地で起こるゲリラ豪雨の水害。熱中症患者があとをたたなかった猛暑。赤塚社長はこれらの災害などについても語った。「日本各地で起こっているこれらは、新潟においてすべて頻繁に起こっている現象です。もともと新「潟」と名が表すように、地盤は良くありません。2004・2007年の大震災はもちろん、水の都だけに川は多く、大雨による水害も起きます。夏の最高気温は36度を超える日が続きますし、雪国であるため寒さと豪雪は切り離せません。だから、それらのことを考え、対処できる家づくりを当たり前にできなければ、住宅は売れません。新潟の家づくりが今こそ日本各地に必要なんです。わたしたちが新潟で選ばれる理由は、降り懸かるリスクに対し、どれだけ安心して住めるか?その条件をすべて満たしているからなんです。」多種にわたる災害や自然現象の問題点を解決してくれるという夢ハウスの住まい。赤塚社長曰く、体感してみれば一目瞭然とのこと。そこで、新潟で月1回開催されている夢ハウスのセミナーへと参加を試みた。

    潜入取材!夢ハウス「新・郷の家」体感セミナー なぜ単なるセミナーでここまで答えをみせてしまうのか!?

    • 全国から約100社の工務店が参加した「郷の家建方見学会」の様子
    • わずか2週間で完成する超ハイスピード軸組工法

  • ここまでわかった!「あの」セミナー内容 夢ハウスの「新・郷の家体験ツアーに潜入」
  • 写真に写る封筒は、夢ハウスから全国の工務店に向けて送られている「新・郷の家体感セミナー」への参加案内DMである。読者さんの中にはご覧になったことがある方もおられるかも知れない。規格型住宅から進化した自由設計住宅「新・郷の家」の紹介とともに、ビジネスパートナーが受けられるサポート概要資料、体験ツアー案内などが同封されている。プロの目から見れば、無垢材をふんだんに使った商品内容や、手厚いサポート体制などに多くの方が興味を抱くはずだ。しかし、ボランタリーチェーンへの加盟はある意味社運を賭けた選択。なかなか踏み出せない方も少なくないであろうことは想像に難しくない。そんな方々のために、どんな事が公開されているのか、実際に新潟へ足を運び体感ツアーに潜入してきたので紹介したい。

  • 他社と驚きの価格差も技術集結した「郷の家」
  • 「郷の家」は、分かりやすく言えば夢ハウスが熟成を重ねてきた無垢の家をキット化した商品である。剛性の高い壁、優れた断熱性を持ち内装から軒下までを一体化した屋根パネルを採用した軸組壁工法は建物を2週間で完成可能にしたほか、部材を集中的に自社工場で生産することによる低コスト化を実現している。

    夢ハウス郷の家体感セミナーに参加!1泊2日のまるごと体験セミナー

    1泊2日のまるごと体験セミナー 流れ図

    • 実際に目にした「郷の家」 無垢材を知り尽くした底力を実感

      まず「郷の家」のモデルハウスでは、実際に無垢材の使い方や空間づくりを体感する。ふんだんに無垢材を使った住まいに「本当に規格住宅なのか」の声も上がる。建築中の現場にも立ち寄り、圧倒的に施工を省力化できる構造も目にする事ができた。本社工場の加工設備や乾燥機の実物もその規模に驚かされる。

      会場を移してのレクチャーでは、「新・郷の家」の商品説明が改めて行われる。特に注目したのは「関東圏にもうれしい狭小地用も含めた多種多様なプラン集」「明細までしっかりつくられた利益を生みやすい原価表」「構造・内装・建具・家具まで全て自社製品でコーディネートできる1000種のオリジナル建材」ーといった点。現場、そして無垢材を知り尽くす夢ハウスの真骨頂だ。

    • 他にない万全のサポート体制 丁寧な指導で営業をバックアップ

      会員サポートについての説明も興味深い。一般的なフランチャイズはと違い、夢ハウスのサポート体制は手厚い。地元で開く見学会でのお客様への接し方、飾り付けの具体的方法、差別化グッズの使い方などを徹底的に指導してくれる。慣れないうちは、見学会場に本社スタッフが参加して接客も行い、営業手法を学ぶことも可能だ。営業慣れしていない地域工務店が、来場した顧客にいかに商品を説明できるか、一度の接点を生かし、いかに受注へと結びつけるかに重点をおいた内容だ。基礎や構造材・内装にこだわる独自の工法を説明するための実験ツールも30種をそろえ、営業をバックアップする。

    • 自らの成功を惜しみなく公開 リスクを避けた経営が可能に

      夢ハウスのビジネスパートナーは、ノウハウだけ伝えて後は自力で実践させるだけのネットワークではない。実際に工務店として活動し今も新潟や長野で住宅を建てている。自らの営業活動を通じて成功と失敗を繰り返しながら現在に至っているのだ。ビジネスパートナーは、惜しみなく公開されるその「成功部分」だけを使う事ができる。すなわち、よりリスクの少ない工務店経営を行う事が可能となる。これが、セミナー参加者の加盟率が6割に達し、直近2年間で160社が加盟を決断した理由と言えよう。

      夢ハウスでは現在、新潟で10棟目となるモデルハウスを建設中。プロの間でも注目度が高い夢ハウスのモデルハウスや構造を実際に確かめ、お客様に「本物の無垢の家」を紹介するためのサポートを得るチャンスだ。この機会に、問い合わせだけでも踏み出してみる価値があるのではないだろうか。

    建方同時比較 一貫生産で1円でも安く よくある質問 Q&A お客様と夢ハウス
    お問い合わせ